ハクアージュの安全性を徹底解析!成分効果や副作用が気になる人は必見!

 

この記事ではハクアージュの安全性について解説しています。

 

ハクアージュに使われている成分の効果とその危険性を解析してみましたが、結論から言うとハクアージュは非常に安全性の高い美白化粧品です。

 

安全性の高い化粧品を探している人はハクアージュの公式サイトを、ハクアージュに使われている成分について詳しく知りたい人はこの記事をチェックしてみて下さいね!

 

 

成分名 効果 副作用の危険性
アルブチン シミ・そばかすを防ぐ成分として大きく話題になりました。
トラネキサム酸 美白化粧品に多く配合されている成分で、メラノサイトが活性化しないよう働きかけます。
3‐O‐エチルアスコルビン酸その他の成分:BG アンチエイジング効果とともに肌の美白をかなえます。
ペンチレングリコール 保湿効果もありますが、防腐効果も重宝されています。
濃グリセリン 肌を柔らかくする成分です。
シュガースクワラン 肌を保湿します。
グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液 保湿成分です。表皮の細胞を保護する作用もあります。
カラメル 着色料として食品にも使用されています。
甘草フラボノイド 色素が沈着するのを防ぐ効果があります。
ヒアルロン酸Na‐2 肌によくなじみ、保護膜を形成してしっとり感を与えます。
プルーン酵素分解物 表皮細胞がメラニンを取り込むのを阻害し、肌を黒くしない効果があります。
チンピエキス メラニンを生成するのを抑える作用を持ちます。
酵母エキス‐3 栄養に優れたうまみ成分です。
ワイルドザイムエキス 保湿効果・収れん効果とともに、色素が沈着するのを防止します。
水溶性コラーゲン液‐3 保湿成分です。
アルピニアカツマダイ種子エキス シミ・そばかすを防ぐ成分です。
アーティチョークエキス 毛穴を引き締めることで、黒ずみを目立たせません。
トリエチルヘキサン酸グリセリル 感触をよくする効果があります。
ジメチコン 感触改良のための成分です。
ステアリン酸 肌に触れさせたくない成分をコーティングしたり、乳化物の感触を良くしたりする効果があります。
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル) 保湿効果及びアンチエイジング効果があります。
SEステアリン酸グリセリル 界面活性剤として配合されています。
グリセリンモノステアリルエーテル 増粘効果が期待されています。
イソステアリルアルコール べとつきを抑える成分です。
ステアリン酸PEG 非イオンの界面活性剤です。
ステアリン酸ポリグリセリル 肌に浸透しにくい界面活性剤です。
POEベヘニルエーテル 乳化剤として使用されています。
トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル エモリエント作用が得られます。
大豆リン脂質 保湿作用があります。界面活性剤の刺激から肌を守ります。
β‐シクロデキストリン 溶かしにくい物質を溶かす効果があります。
水添ナタネ油アルコール 成分を安定させるために配合されています。
ベヘニルアルコール 乳化を補助します。
キサンタンガム 増粘効果に期待して配合されています。
疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース 界面活性剤であり、増粘作用があります。
ステアロイルグルタミン酸Na 乳化補助のために用いられています。
ジエチレントリアミン5酢酸Na液 キレート剤として配合されています。
クエン酸 細胞が酸化しないように働きかけます。
クエン酸Na キレート作用が得られます。
天然ビタミンE 血液の流れを改善し、肌荒れ解消に繋げます。
ピロ亜硫酸Na 酸化を防止します。
フェノキシエタノール 防腐剤として使用される成分です。

 

副作用の危険性:当サイトの基準で記載しています。

 

ハクアージュに含まれる成分と副作用の危険度を一覧表にしてまとめました。

 

ハクアージュには41種類もの成分が使用されていますが、危険な副作用を伴う成分は1つもありません。

 

防腐剤が少々含まれていますが、少量ならば問題ありません。

 

ハクアージュには、お肌の負担になりやすいとしてよくあげられる成分(パラベン・紫外線吸収剤・石油系界面活性剤・合成香料・旧表示指定成分・アルコール・合成ポリマー・合成着色料・鉱物油)がすべて無添加になっています。

 

また、ハクアージュは厚生労働省から医薬部外品の指定を受けていて、医学専門誌でもその実力は証明されています。

 

化粧品に特化した、ISO9001品質とISO22716化粧品GMP(優良製造規範)の2つの国際基準を満たし承認を受けた、国内工場で生産されています。

 

ですので、実力がありながら、安全性も高いのです。

 

素肌に毎日使える高い品質を求める方、ハクアージュの詳細はこちらです!